A03-3班

組織全細胞イメージング法を用いた精神疾患発症起点となるシンギュラリティ細胞の探索


研究代表者:橋本 均
機関: 大阪大学大学院薬学研究科
専門分野: 神経薬理学
役割分担: 高精細全脳イメージングの基盤技術開発、大規模細胞の網羅的解析


研究の目的:
高次脳機能を担う個々の神経細胞は、高度に局在化した機能を持っている。本計画研究では、広範な脳領域にわたって、経時的な神経機能の変化を大規模かつ単一の神経細胞のレベルで解析する技術基盤を確立し、脳疾患モデルマウスや疾患iPS細胞の神経機能異常を解析することにより、脳疾患の発症の起点に関与するシンギュラリティ細胞の分子特性を明らかにする。また、シンギュラリティ現象に基づく脳疾患の治療法の開発に貢献する基礎データを提供する。



研究分担者:中澤 敬信
機関: 大阪大学大学院歯学研究科
専門分野: 分子神経科学
役割分担: 疾患モデルマウス・iPS細胞技術を用いた精神疾患解析