著書

A01-2 永井班

  • 和沢鉄一、永井健治,
    高生体適合性SPoD-ExPANイメージング,
    「生きてるものは全部観る!イメージングの選び方・使い方100」,pp.115-116, 羊土社(2018). (分担執筆)
  • 篠田肇、永井健治,
    蛍光タンパク質_ⅰ.総論,
    「生きてるものは全部観る!イメージングの選び方・使い方100」,pp.150-152, 羊土社(2018). (分担執筆)
  • 松田知己、永井健治,
    蛍光タンパク質_ⅰ.総論,
    「生きてるものは全部観る!イメージングの選び方・使い方100」,pp.153-155, 羊土社(2018). (分担執筆)
  • 松田知己、永井健治,
    蛍光タンパク質_ⅴ.マグネシウム指示薬,
    「生きてるものは全部観る!イメージングの選び方・使い方100」,pp.160-161, 羊土社(2018). (分担執筆)
  • 稲垣成矩、揚妻正和、永井健治,
    蛍光タンパク質_ⅵ.脳活動計測のための膜電位プロープ,
    「生きてるものは全部観る!イメージングの選び方・使い方100」,pp.162-164, 羊土社(2018). (分担執筆)
  • 鈴木和志、永井健治,
    発光タンパク質
    「生きてるものは全部観る!イメージングの選び方・使い方100」,pp.174-175, 羊土社(2018). (分担執筆)
  • Nagai T, Horikawa K, Saito K, Matsuda T,
    Genetically encoded Ca2+ indicators; expanded affinity range, color hue and compatibility with optogenetics,
    「Application of Genetically Encoded Indicators to Mammalian Central Nervous System」(Frontiers in Molecular Neuroscience),pp. 38-42, (2018). (分担執筆)
  • Nagai T, Riani YD,
    Optogenetic Control of the Generation of Reactive Oxygen Species for Photoinducible Protein Inactivation and Cell Ablation,
    「Optogenetics」(the Royal Society of Chemistry) ,pp.117-135, (2019). (分担執筆)
  • 吉村英哲、小澤岳昌,
    生命分子の機能を超えるための解析化学,
    「生命機能に迫る分子化学:生命分子を真似る、飾る、超える」(CSJカレントレビュー30), pp.28-33, 化学同人(2018). (分担執筆)
  • Hideaki Yoshimura, Takeaki Ozawa,
    Chapter 7, Optical Control of G Protein-Coupled Receptor Activated in Living Cells,
    「Progress in Photon Science: Recent Advances」(Springer Series in Chemical Physics), pp.129-138, Springer (2018). (分担執筆)

A01-3 城口班

  • 城口克之、小川泰策,
    DNA分子バーコード法とその新機能,
    バイオイノベーションに向けて~バイオテクノロジーの新技術からの新しい視点~シーエムシー出版(分担執筆)印刷中

A02-1 大浪班

  • 大浪修一,
    生細胞イメージング画像の画像解析,
    実験医学, Vol.36, No. 20, 213-214 羊土社(2018). (分担執筆)

A02-2 小松崎班

  • Tamiki Komatsuzaki,
    The Personality of Small Numbers: Do Molecules Have Personality?,
    Minorities and Small Numbers from Molecules to Organisms in Biology-Toward a New Understanding of Biological Phenomena, pp.31-37, Springer(2018). (分担執筆)
  • Hideaki Kano, Junya Honda, Kentaro Sakamaki,  Kentaro Matsuura, Atsuyoshi Nakamura, Masashi Sugiyama,
    Good arm identification via bandit feedback,
    Machine Learning, https://doi.org/10.1007/s10994-019-05784-4, Springer(2018). (分担執筆)

A03-1 坂内班

  • 廣島通夫、上田昌宏,
    PALM/STORM,
    「生きてるものは全部観る! イメージングの選び方・使い方100+」実験医学増刊, pp.92-93, 羊土社(2018). (分担執筆)

A03-2 堀川班

  • Kazuki Horikawa,
    How Low Can You Go? The Numbers of Cells That Make Up Bodies: Large Numbers and Small Numbers,
    Minorities and Small Numbers from Molecules to Organisms in Biology-Toward a New Understanding of Biological Phenomena, pp.127-133, Springer(2018). (分担執筆)
  • 堀川一樹,
    蛍光タンパク質ⅳ.cAMPプローブ,
    生きてるものは全部観る! イメージングの選び方・使い方100+実験医学増刊 36 No.20 pp.158-159, 羊土社(2018). (分担執筆)

A03-4 岡崎班

  • 岡崎拓、岡崎一美,
    免疫寛容を標的とした抗体医薬によるがん免疫療法,
    実験医学, 36(11): 1836-1840, 羊土社(2018). (分担執筆)
  • 岡崎拓,
    ダイアの原石,
    実験医学, 36(19): 3259-3261, 羊土社(2018). (分担執筆)
  • 丸橋拓海、岡崎拓,
    免疫チェックポイント分子LAG-3はMHCクラスII分子を構造に依存的に認識することによりヘルパーT細胞の応答を選択的に抑制する,
    ライフサイエンス新着論文レビュー, doi: 10.7875/first.author.2018.116doi: 10.7875/first.author.2018.116, 2018. (分担執筆)
  • 岡崎拓,
    PD-1研究の歴史と今後の展望,
    科学, 89(2): 117-124, 2019 (分担執筆)
  • 岡崎拓,
    PD-1研究の動向,
    学術の動向, 24(2): 8-14, 2019 (分担執筆)
  • 片貝智哉
    リンパ節のストローマ構造とリンパ球動態,
    リンパ学41, pp20-24, 日本リンパ学会(2018). (分担執筆)
  • 片貝智哉,
    蛍光イメージングで探るリンパ節の動的細密構造,
    臨床免疫・アレルギー科69, pp326-332, 科学評論社(2018). (分担執筆)